【激安アウトレット!】 お気に入り◇Myosotis ダウンジャケット◇MONCLER ダウンジャケット サイズを選択してください:3(XL以上)

【激安アウトレット!】 お気に入り◇Myosotis ダウンジャケット◇MONCLER ダウンジャケット サイズを選択してください:3(XL以上)

ウクライナ・ハリコフ動物園のホッキョクグマ飼育・繁殖の歴史 ~ 「偉大なる母」セヴェリャンカと人知れず逝ったティムへの挽歌

セヴェリャンカ (#733 Северянка 1955~1984) 

かつてソヴィエト連邦が存在していた時代のソ連国内の動物園におけるホッキョクグマの繁殖については現在でも謎に包まれた部分が多く残っています。当時はこういった情報が西側にほとんど知られることはなかったわけでした。現在ウクライナ東部の都市であるハリコフ (ハルキウ) の動物園におけるホッキョクグマ飼育・繁殖の歴史については現在に至るまで謎の部分が多いのです。いや、過去の歴史だけでなく現在における情報も非常に乏しいのが現実です。今回はかつてのロシアの動物園以上に謎の多いウクライナの動物園、特にハリコフ動物園におけるホッキョクグマ飼育・繁殖の歴史を、現時点において入手可能なウクライナの情報、及びロストック動物園の資料によって再構築してみたいと思います。これも多分、今まで世界で試みたファンはいないと思います。
ハリコフ(ハルキウ)動物園 (Харьковский зоопарк/Харківський зоопарк) においてホッキョクグマの飼育が始まったのは1925年のようです。しかし当時はペアとしての飼育ではなく一頭の単独飼育だったようです。戦後になって初めてハリコフ動物園はホッキョクグマの複数等飼育が始められたようです。1956年に導入された個体は三頭で、まず野生出身の雌(メス)のセヴェリャンカ (#733 Северянка 1955~1984)がに同園に入園した記録がロストック動物園の資料に見出せます。ウクライナの資料では、その他にスラヴカとユルカという名前の野生出身の二頭の雄(オス)の個体が1956年に同園に入園したことになっています。その個体をロストック動物園の資料で探していきますと、それは間違いなくスラヴカ (#1004 Славка ? ~ 1979)、そしてユルカ (#1040 Юрка ? ~1971年以降消息不明) を指すものだと思われます。しかし奇妙なことにロストック動物園の資料ではスラヴカ (#1004) は1973年に、そしてユルカ (#1040) は1967年に同園に入園したことになっています。

さて、この雄(オス)の二頭のスラヴカ (#1004 Славка) とユルカ (#1040 Юрка) の二頭と雌(メス)のセヴェリャンカ (#733 Северянка) との間で試みられた繁殖の結果についてロストック動物園の資料では以下が記録として残っています。

・ユルカ (#1040 Юрка ? ~1971年以降消息不明) とセヴェリャンカ(#733 Северянка)

① 1頭誕生 性別はF (#1203) 成育
              ハプカヴチャンク (Хапковчанк)
② 1頭誕生 性別はF (#305) 成育
                  ザルーシュカ (Золушка)
     
個別に見ていきましょう。まずウクライナの資料ではセヴェリャンカが最初に出産・育児に成功したのは1966年であるということになっています。しかしその記録はロストック動物園の資料では欠けています。また、ハリコフ動物園はセヴェリャンカの出産のために最初は二つの巣穴のようなものを設けたそうですが環境が十分ではなく赤ちゃんは死亡してしまったとのことで、これが二回続いたとしています。その結果、同園は外界の騒音から完全に隔離された産室を新しく設け、それによってセヴェリャンカは出産・育児に成功するようになったとしています。としたのです。そしてその最初の成功が1966年であったと記しています。残念なことにロストック動物園の資料ではこのセヴェリャンカの1966年の出産に関する記録が見出せません。①で誕生したハプカヴチャンク (#1203 Хапковчанк 1968~2005)はにロシアのロストフ動物園に移動し、そしてにナリチク動物園に移動してにそこで亡くなっています。②で誕生したザルーシュカ (#305 Золушка 1970~1993) はにロストフ動物園に移動しにそこで亡くなっています。このザルーシュカはロストフ動物園で繁殖に活躍したのですが、これについては「」という投稿を義参照下さい。日本との関係では、このザルーシュカはズーラシアで飼育されたユノナ(#1191 Юнона 1988~2002) の母親であるということです。

M45×0.75 GPⅡ ネジ プラグ ゲージ 中古? ~ 1979) とセヴェリャンカ(#733 Северянка)

③ 1974年12月 6日 2頭誕生 性別はMF (#728 #61) 成育
             マリシュ(#728)、ナターシャ (#61)

tom wood figaro thick ネックレス

ロストック動物園の資料では上記の①②③の合計4頭のみがセヴェリャンカの出産(そして成育成功)として記録されているのですが、ウクライナの資料ではセヴェリャンカは1966年から1977年までの間に13頭を出産し、そしてその全ての赤ちゃんが成育に成功し、そういった個体は全てソ連国内の動物園に移動しているとなっています。しかしそれぞれの詳細は謎に包まれています。さらにウクライナの資料では1970年代に起こった事件として、子供がホッキョクグマの飼育展示場に入り込み、そしてホッキョクグマに襲われて八つ裂きにされたそうで、その子供を助けようとしてホッキョクグマに対して銃が発射され、命中したホッキョクグマが死亡したという悲劇が記されています。この時に死亡したのはおそらくユルカ (#1040 Юрка)ではないかと思われます。何故なら彼はロストック動物園の資料では1971年以降の消息が不明となっているからです。そして残った雄(オス)のスラヴカ(#1004 Славка)との間でセヴェリャンカは繁殖を続けていったと考えて間違いがないように思います。冒頭の写真はセヴェリャンカと三つ子の写真ですが撮影された年代が不明です。さらにロストック動物園の資料では冒頭のセヴェリャンカの三つ子の出産に関する情報が欠けています。
1970年代のセヴェリャンカ Image :

この時代のハリコフ動物園におけるホッキョクグマ飼育・繁殖についてロストック動物園の資料はやや混乱した内容が記されています。スラヴカ(#1004 Славка)と同じ名前の二頭の個体(#1184 Славка ?~1968?) と (#1041 Славка ?~1968?)が存在したことになっており、これらは全てスラヴカ(#1004 Славка)と同一個体だろうと思われます。その他、モスクワ動物園生まれの雌(メス)のヴァレシュカ (#734 Варешка 1975~1980)という個体が飼育されていた記録があるのですが詳細はよくわかっていません。

さて、1979年にスラヴカが亡くなり、その時には24歳を迎えていたセヴェリャンカは繁殖からは引退して次の時代が始まります。それを担ったのは雄(オス)のミシュカ (#285 Мишка 1970~1983) 、そして雌(メス)のベロチカ (#280 Белочка 1970~1981) という共に野生出身の二頭だったようです。まずミシュカ (#285 Мишка) ですが、彼は野生で捕獲された後ににキエフ動物園に入園しています。その後にハリコフ動物園に移動してきたわけです。ところが彼はその3年後のに死亡してしまいました。雌(メス)のベロチカ (#280 Белочка)についてですが、彼女は野生で捕獲後、1971年1月からアルメニア共和国のエレバン動物園に入園し、その後にハリコフ動物園に移動してきたものの翌年1981年に死亡しています。新しいペアとして導入したはずのミシュカとベロチカはハリコフ動物園に入園した後にそう年月を経ずに共に亡くなってしまったわけでハリコフ動物園にとっては痛手だったでしょう。

「偉大なる母」であったセヴェリャンカ (#733) はに28歳で亡くなり、その後の数年間はハリコフ動物園はホッキョクグマ不在となったようです。しかしセヴェリャンカの死の約4年後のにロストフ動物園からハリコフ動物園に来園したのが雄(オス)のキム (#772 Ким 1985~2008) でした。このキムについては先日「」という投稿ですでに御紹介していますが、ロストフ動物園でヴェテロク (#303 Ветерок 1965~1995)とセヴェリャンカの娘であるザルーシュカ (#305 Золушка 1970~1993))との間で行われた繁殖によって誕生し人工哺育された個体です。ですからキムはセヴェリャンカの孫ということになります。さらに同じ1988年にハリコフ動物園に入園したのがサーカス出身の雄(オス)のティム (#1632 Тим 1985~2019) でした。このティム (#1632) は野生個体として1986年にモスクワのサーカス団に入団し、そしてそこから引退させられてにハリコフ動物園に入園しました。つい先日、「◇新作★2020 MONCLER【MONTCLA】」という投稿を行いましたが、そこで登場している9頭のホッキョクグマたちのうちの一頭がティムである可能性は十分にあると思います。
1999年のティム (Тим)  
Image :

何故同じ1988年にキムとティムという雄(オス)が二頭も来園したのかはわかりません。しかし以前に「S45C丸棒 70x1236 (Φmm x長さmm)在庫は150Φmmまであり。

ウランゲリ (#1201 Врангель) とムルマ (#1202 Мурма)
(撮影 於 モスクワ動物園)

さてしかしハリコフ動物園は1990年代になってホッキョクグマのペアでの飼育と繁殖を再び考え始めたらしいことがわかります。ここで登場してくるのが後年モスクワ動物園でホッキョクグマの繁殖を担った二頭の野生孤児出身のホッキョクグマでした。雄(オス)のウランゲリ (#1201 Врангель)、そして雌(メス)の激安<税無即決>ウッディープレス 新開発一体型カービング搭載 WOOD 31.5  mt をクリックしていただき、1999年のハリコフ動物園の様子を伝える映像をご覧下さい。
HERMES◆アザップロング/長財布/レザー/BLU/無地/製造者/AR/製造番号/O/エルメス
送料無料 スタッドレスタイヤ 納期確認要 2本価格 ダンロップ ウィンターマックス03 WM03 205/65R16

さて、こうしてハリコフ動物園には最終的にキム (#772 Ким) とティム (#1632 Тим) という二頭の雄(オス)のホッキョクグマが残りました。しかしキムはに亡くなってしまいます。そして残ったのはティムだけとなりました。私はこれまでハリコフ動物園に関する投稿を行ってきた話題は全てティムに関することばかりでした。ハリコフ動物園は新しい動物園として生まれ変わる工事が行われて閉園状態が続いていましたが、とうとう今月に再オープンすることになったそうです。私はこのティムの無事を願っていましたが、残念なことにロストック動物園の資料で彼はに亡くなったという記録を見出しました。実に残念なことです。彼の死についてハリコフ動物園からは何らの発表もなく、またウクライナの地元メディアも何らの報道をしていません。ですからティムの死についての裏付けは依然としてないという言い方もできますが、しかし同園の園長さんは最近の記者会見で、不在となっているホッキョクグマを入手する予定であると語っています。つまりこのことは、同園で唯一飼育されていたホッキョクグマであったティムはすでに亡くなっていることを認めたと同じことを意味します。これによってティムの死の裏付けがとれたと私は考えています。こうしてティムはひっそと世を去っていたことが確認できました。
3781 明治26年創業 53cm 瑞宝単光章授与 伝統工芸士 渡辺敬深 萬留平造 有趣陶苑 栞 名刺 朱泥 鳴門柄縁 長角切立段足 盆栽鉢

2013年のティム


遅ればせながら、心より謹んでティムの死に哀悼を表します。

(*追記) - 飼育している動物たちが亡くなっても動物園にはその事実を発表する「義務」はないというのは正しいとは言えます。しかし「義務」はなくても発表することは、その動物を応援してきたファンや来園者に対する感謝として死の事実の発表は当然すべきことであると思います。現時点で世界の動物園のホッキョクグマで亡くなってはいるものの、その事実がまだ発表されていないホッキョクグマが少なくても2頭います。そのうちの一頭は非常に有名なホッキョクグマです。そしてすでに亡くなっているこれらの二頭は日本とも繋がりのある個体です。私はその二頭に実際に会っていますので、残念でしょうがありません。

(*後記)- ハリコフ動物園のアレクセイ・グリゴリエフ園長は地元メディアの Vgorode の付けの報道記事のなかでティムの名前を挙げて「彼は2019年に死亡した」と語りました。これでティムの死亡は完全に公式に明らかになったと言えるでしょう。

(資料)
Zinref.ru ()
zoobiz.ru ()
Wikimapia ()
Накипело
(*後記資料)
Vgorode.ua - Харьков ( - )



by
Safavieh Dallas257 円形ラグ ライトブルー 183cm×183cm
入手困難!北欧発【Lyngby Porcelain】フラワーベース 花瓶 20cm
AUTOCONFIG.GRAALSERVER.COM RSS